読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

寒の入り

に相応しい気候で。


年が変わったので、そろそろ「いつもの調子」でいこうか、節分まではガマンしようか…。


セイラさんとハマーン、どちらが好き?と聞かれたら、最初に「出会った」頃は、セイラさん!だったけど、ハマーンの過去を知ったら、好き!とまではいかなくても、嫌いではなくなった。


あそこまでの権力も地位のないけれど、いまの自分はハマーンの感情、思考にちかい。


セイラさんになり損ねた、ハマーン擬きってトコロ。


カワイイだの、きゅん、だの言っているオトコは女々しい。

声は極めて大好きだしかっこいいのに。

割り切ってしまえばいいのだろうけど、男らしさをプライベートでも演じていて欲しかった。

これは、完全に押し付けだよね。

申し訳ない。


だけど、かっこいい演技が嘘臭く思えてきて、もう前みたいに浸れない。だから、とても悲しい。